楽天お買い物マラソン
7/4 (土) 20:00~7/11 (土) 01:59
要事前エントリー

聖マリアンナ医科大学病院での出産|費用・入院準備【口コミ】

ぽけこ

2018年に川崎市宮前区にある聖マリアンナ医科大学病院で出産した時の様子をレポートします。
この記事の内容
  • 入院費用
  • 病院で用意されてる物
  • 立ち合い出産について
  • 入院中のご飯・授乳・生活リズム
  • 1ヵ月健診の費用

産婦人科|入院費用

聖マリアンナ医科大学病院の出産費用費用

実際にかかった入院費用をはじめ、入院前に必要な預り金について説明していきます。

分娩費用

  • 通常分娩:約70~73万円
    無痛分娩の場合はプラス10万円
  • 帝王切開:約62~68万円

ほとんどの産院は帝王切開の方が高いですが、聖マリアンナは通常分娩の方が高いです。

初めてこの金額を知った時は衝撃でしたね。

個室利用の場合(1日あたり))

  • 一人部屋/トイレ・シャワー有:30,000円
  • 一人部屋/トイレ・シャワー無:25,000円
  • 二人部屋/トイレ・シャワー無:6,000円

私が入院していた時は、どの個室も全て空いていました。

タイミングにもよると思いますが、基本的に個室利用者は少ないようです。

実際にかかった金額

金額
666,160円(母子の合計金額)

実際の金額は個別の条件によって違うと思いますが、参考までに私の出産状況は下記の通りです。

  • 通常分娩
  • 大部屋(4人部屋)
  • お産は夕方で深夜等の割増は無し
  • 誘発分娩で出産前に1泊し、産後は1日早く退院「合計6泊7日」

入院時の預り金

預かり金
30万円
※出産育児一時金の直接支払制度を利用しない場合は40万円

預かり金とは、入院後の入院手続きをする際に窓口に預けるお金です。

私の場合、入院当日は元気に動き回れたので出産前に入院手続きをしましたが、陣痛or破水からの入院の場合、出産後の手続きでも問題ありません。

大金になるため、計画分娩以外の方は家族に持ってきてもらうのがよいでしょう。

★入院費用についての病院からもらった書類↓

聖マリアンナ入院書類

入院時|病院で用意されている物

  • パジャマ、バスタオル、フェイスタオル *使い放題*
  • 産褥ショーツ2枚
  • 授乳クッション
  • 円座クッション
  • ナプキン
  • シャンプー、リンス、ボディソープ、ボディタオル
  • 化粧水、乳液、クレンジング、洗顔
  • 綿棒、コットン、馬油(試供品)
  • ヘアーバンド、ヘアーブラシ、シャワーキャップ
  • ドライヤー
  • コップ、歯ブラシ、歯磨き粉
  • 母乳パット
  • 赤ちゃんの衣類 *使い放題*
  • おむつ *使い放題
  • お尻ふき
  • へその緒消毒用品、へその緒ケース
  • 哺乳瓶、ミルク  *使い放題*

立ち合い出産

  • 夫のみ
  • 夫婦揃って両親学級(第3回目)への参加が必要

両親学級の参加費用は5,400円で、第3回の両親学級のみの参加でOKです。

入院中のご飯・お祝い膳

出産前は通常の病院食で、出産後は産科用の食事メニューでした。

↓出産前は通常の病院食でした
聖マリアンナの病院食

↓こちらも出産前の通常病院食
聖マリアンナの病院食
おかずが少なくてお米を食べきるのがきつかった(汗)

↓お産の後からは産科専用の食事に
聖マリアンナの入院食
一気にボリュームが増えました。

↓朝食はパンの日もあり
聖マリアンナのお祝い膳

↓お昼に麺が出てくる日も
聖マリアンナの入院食

お祝膳

お祝い膳はソコソコのボリュームがあり、少食の人は一人では食べきれないかもしれません。

家族と一緒に食べてもOKなので、旦那さんにきてもらって一緒に食べるものありですね。

聖マリアンナの出産のお祝膳

聖マリアンナの出産のお祝膳

聖マリアンナの出産のお祝膳

ご飯の感想

総合病院なので、味気なくて美味しくない病院食を想像していたのですが、産科食は思ったよりちゃんとしていて毎食完食。

あまり期待していなかったお祝い膳は出来立てではありませんでしたが、ステーキと天ぷらで特別感を堪能できて大満足!

食事以外にはバームクーヘン+牛乳などの軽いおやつがでて、基本夜中以外はずっとお腹いっぱいの状態でしたね(笑)

でも出産前の通常食は量も味も物足りなかったので、計画分娩の方はその点だけ覚悟しておきましょう。

入院中の授乳や生活

聖マリアンナの出産

聖マリアンナでの入院中の生活について、色々書いていきます。

授乳

助産師によって授乳のアドバイスが違ったりしましたが、母乳が足りていなそうならミルクの追加OKといった雰囲気で、本人の希望をしっかり汲んでくれます。

入院中は授乳や赤ちゃんの排泄を記録する紙があり、それを助産師さんが見て回っていて、授乳間隔が開いていると夜中でも寝てるお母さんを容赦なく起こしてきます。

母乳が足りているか不安な時は、授乳前後に赤ちゃんの体重を測って増加量を助産師さんが見てくれるので、退院までに完全母でいけるか、ミルクを足す必要があるのかをしっかり助産師さんと相談できるので安心して退院後の育児をスタートできますよ。

ぽけこ

深夜帯でもナースコールでミルクをお願いするとすぐ持ってきてくれるので助かりましたね。

入院期間

通常分娩は6泊7日

帝王切開は前泊込で9泊10日です。

通常分娩は母体の回復次第となりますが、5泊6日退院を希望することもできます。

母子同室

大部屋は4人部屋

トイレ、お風呂、売店への外出の時などはナースステーションで赤ちゃんを預かってくれます。

ご飯のタイミングで赤ちゃんがグズっていたりすると「預かりましょうか」と声かけてくれる助産師さんもいて、自分から頼みずらかったのですごく助かりましたね。

その他産後で体調が優れなかったり、まったく寝れなくて辛い時も預かってくれるので無理せず助産師さんに相談しましょう。

ぽけこ

当時の私は赤ちゃんを預けることに気が引けてしまいほとんど一緒にいましたが、『もっと気軽に頼って預けて問題なかったな』と後悔しています。
母子同室|メリットとデメリット~辛い入院生活を乗り切る方法~

その他色々

  • 日中と夜でそれぞれ部屋毎に日替わりで1人担当の助産師がつく
  • テレビと冷蔵庫が各ベッドスペースにあり、使う場合は別途料金
  • お茶が廊下に置いてあるので産後の飲み物は買わなくても問題なし
  • 病院内のレストランで使えるデザート券3食分が貰える

デザート券に関しては、店舗の営業時間が限られているので、いけるタイミングで行ってしまいましょう。

私はお見舞いに来てくれた友人と一緒に行ってきました。

産後|1か月健診の費用

  • 子供:5,400円(自費)
  • 母親:5,000円(自費)

私は産後貧血気味だったため、1ヶ月健診で血液検査を行い+620円かかりました。

(血液検査分は健康保険適用で3割負担)

※帝王切開や退院時の体調によって、母親のみ別途2週間健診有り

まとめ|聖マリアンナでの出産を終えて

聖マリアンナでのお産

前置胎盤の疑いで妊娠後期に転院してきた聖マリアンナ。

ご飯が美味しいと評判で母子別室の個人医院で出産予定だった私。

転院してきてまずビックリしたのが出産費用の高さ。

金銭面と母子同室の不安から「嫌だ~」と泣いた時もありました。

私はハイリスク妊婦だったのでNICUのある聖マリアンナで出産するしかないんだ、と臨月位まで何度も自分に言い聞かせていました。

出産時には前置胎盤でなくなったので常分娩できたものの、それとは関係なく出血の多いお産となりました。

個人医院で出産していたら、総合病院へ母体の搬送が必要になったかもしれません。

なので結果的に聖マリアンナで出産してよかった形になりました。


聖マリアンナでのお産は、病棟スタッフがみんな助産師さんだったのでとても安心感がありました。

入院中は担当してくれる助産師さんが日替わりだったので、色んなアドバイスを貰えたのもすごくよかったです。

人生の一大イベント妊娠と出産。

このブログがあなたの妊娠出産、病院選びの少しでもお役に立てれば幸いです。

影ながら応援しています。


その他の出産情報を見る


★関連記事★

2020年|買ってよかったおすすめベビーグッズランキング5選【最新版】 Amazonファミリーを育児中のママが使って感じたデメリット・メリット【2020年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です